れーすのエグゼ流星Blog

エグゼとゲームと雑記

エグゼ解析したりゲーム作ったりいろいろ。

めちゃくちゃしっくりきた、今後の自分

昨日はmixiが主催する「ミクユニ」の説明会を含めた会社説明会に行ってきました。

 

mixiを訪問したのは夏のインターン選考以来です。

(残念ながらインターンには落ちてます)

mixiはもともと就活においてかなり上位の志望に入っていました、そもそも第1志望とかまだないんですけどね。

 

で、改めて会社説明を聞いた結果

 

俺が本当にやりたかったのはこういうことなんじゃないか

 

という核心に近い感触を得ることができました。

 

そもそも、自分が就活の軸にしてることって

「人と人との繋がりのきっかけを創る」

なんですよね

 

てっきり自分はそれをゲームを通じて実現したいと思っていたんですが、具体的には

 

コミュニケーションサービスを作りたい

 

の比重が高いんですよね

 

なら、コミュニケーションを軸としたサービスを作ってどうしたいのか?

インターネットを通じることで、場所や年齢、性別、国、人種などの壁を取っ払って、いろんな人と繋がることができる

そうすることで、人はどんどん進化していく

まだ見ぬ誰かと出会うことで、自分1人では考えや経験することもなかっただろう、新しい影響や刺激を受けることで、人はどんどん進化していく

そんなまだ見ぬ誰かとの出会いを、コミュニケーションサービスを通じて提供していきたい

 

これが答えなのだと、現状は思います。

 

この考えに行き着いたの理由が、オンラインゲーム、ゲームセンター、Twitter

中学生の頃はオンラインゲームの世界にどっぷり浸かって、ほんっっとに多種多様な人たちと出会った。話した。経験した。今でも付き合いがある。

高校からはゲームセンターに通い続けて、それは今でも続いているし、ゲームセンターにいくことでリアルであってコミュニケーションをとることができる。これもまたコミュニケーションサービス。

そこからはTwitterとかのSNSで連携して、ゲーム+SNSで出会いの幅がどんどん広がった

ロックマンエグゼスプラトゥーンドラゴンクエスト10DDR、、、、

 

今の自分が形成されたのは、間違いなくこれらのコミュニケーションから。

 

その中の要素として自分の大好きなゲームというものが存在していた。

 

最初はゲーム>コミュニケーションサービスだと思ったから、ゲームプランナーにならなきゃ、ゲーム作らなきゃ、ゲームを知らなきゃって思ったけど、現時点ではコミュニケーションサービスの方が比重が高いから、今後の身の振り方を変えなければならないと思う。

 

これに気づけたのはとても大事だった。