れーすのエグゼ流星Blog

れーすのエグゼ流星ブログ

ロックマンエグゼ6の解析を主に行っている情報学生のBlog。プロフィールのidをクリックしてもらえると詳しい詳細が見れます。 Twitter @EXE_race

流星のロックマン3熱帯手順 (実機の場合)

 用意するもの

・マジコン

流星のロックマン3のROM

・WfcPatcher か SSLPatcher

準備手順

1.まず、WfcPatcher か SSLPatcher(http://www.mediafire.com/download/s5ucc79m6xzrtis/SslPatcher+v1.4.zip)をダウンロードします。

R4で試したところ、WfcだとブラックアウトしてしまうためSSLを推奨します。

2.SSLPatcherにROMをドラッグ&ドロップをし、作成されたファイルをマジコンに移します。

3.パッチ済みRomを起動しましょう。ゲーム内メニューからネットワークに行き、Wifi設定にいきましょう。Wifi設定は希望のゲーム内で行ってください。

4.まず、オプションへ行きWifiユーザー情報の消去を行います。これをしないと、公式のフレンドコードが実機にあるのでサーバーに弾かれてしまいます。

5.その後、Wifi接続先設定へ行きます。普段から使っているアクセスポイントの設定を編集していきます。DNS自動取得をいいえにし、プライマリ、セカンダリDNSを104.131.93.87にしましょう。

終わったら保存します。不安な方は接続テストをしてみてつながるかどうかためしてみてください。

6.保存しただけの方はそのままウェーブバトルを選択してください。接続テストをした方は一度電源をオフにしてからためしてください。

 

※エミュと同様、サーバーに繋がったあとに切断をして再接続を試みてもつながりません。万が一エラーコードが出た場合は別記事のトラブルシューティングをご参照ください。